縄の淫花 松ゆきのVOL.2


柱に括られた松ゆきのの衣服を切り、肌を露出させます。パンティを引き絞って辱めた後は、強力なかけはりで彼女の両乳首を潰します。眉根を歪め苦痛に喘ぐ彼女の首に縄をかけると、ゆきのは涎を垂らして恍惚の表情を浮かべました。その後は肛門性愛嗜好が強い彼女にアナルオナニーを命じました。淫靡な笑みを浮かべながら彼女は従いました。恥ずかしい悦びに燃え上がり、見せつけるように自分の手首を肛門に埋没させました。彼女を四つ這いにし縄で手首の自由を奪ったのちに電マを肛門に押しつけました。蕩けきった彼女の肛門は簡単に電マを飲み込みました。

縄の淫花 松ゆきのVOL.2


松ゆきの