縄の淫花 松ゆきの


柱に括りつけられた彼女の口にガーゼを押し込み、豆絞りを被せて、声の自由を奪います。さらにパンティの上から、食い込みがしっかり分かるように股縄を施します。その後は猿轡を外し、そのままワンピースを強引にはだけさせ、可愛らしい乳首に凄惨な責めをくわえ、甘美な悲鳴を愉しみました。椅子に恥辱的な姿で固縛し、彼女の秘部にはバイブが1本、菊門には2本のバイブが挿入され、そのバイブも抜けないように縄が施し、じっくり淫靡に責めました。

縄の淫花 松ゆきの


松ゆきの